Aging Code Program

会員制クリニックだからできる、次世代人間ドックシステム(Aging Code)

加齢・疾患に適応するパーソナライズメディカルプログラムのことを、私たちは「AGING CODE PROGRAM」と呼んでいます。
先制医療、バイオ医療技術、ヘルスケアという3つのソリューションと、高度医療機器検査、ライフログ、カウンセリングという3つのプログラムを用意しており、この6つを組み合わせたメディカルプログラムとなっています。

今までの人間ドック

治療
一般的な病院(保険医療機関)

会員制クリニックだからできる、次世代人間ドックシステム(Aging Code)

リスク評価
がん、脳・心患、
内視鏡、超音波など
最先端の医療機器
CT、MRI、内視鏡、
超音波など
治療
提携医療機関

AGING CODE PROGRAM は THE PREVENTION CLINIC TOKYO がもたらす病気を極力避け、平均寿命の伸びに伴い、
人生は「100 年時代」へと移行しつつあります。
しかし長寿になれば当然、加齢に伴う老化と疾病発症リスクなど多くの懸念が生じてきます。
そのような超高齢化社会における医療・ヘルスケアサービスとして誕生したのが
THE PREVENTION CLINIC TOKYO の「AGING CODE PROGRAM」です。

最新の医療機器(C T、M R I、内視鏡、超音波など)・バイオ&ヘルス医療技術と IT を活用し先制 医療とヘルスケアを融合した全く新しい次世代の人間ドックサービスです。
バイオ医療技術を使い「がん」「脳・心疾患」「認知症」「生活習慣病」の疾患リスク評価と最新の医療機 器(C T、M R I、内視鏡、超音波など)で客観的に疾患をチエック、さらに IT を駆使しモニタリングを分 析して個別化ヘルスケアサービスを実現し、
「最適な Aging Design を描いていく」ことが目的です。